五香あおぞら鍼灸整骨院

保険施術

整骨院では、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉ばなれ)など痛めた原因がはっきりしているものや下記のものが適用になります。

  • 転倒した
  • 足首をひねった
  • スポーツにおけるケガ
  • ぎっくり腰
  • 寝違え
  • 自分では原因がわからないが急に痛み出したもの
  • 交通事故によるもの(自賠責保険適用)
  • 勤務中、通勤途中のケガ(労災保険適用)

料金の目安

負担割合 初回 2回目以降
一割 1000円前後 700円前後
三割 2000円前後 1000円前後

※慢性的な腰痛や肩こり、五十肩などは保険適用にはなりません。
※保険適応かご不明な点はお気軽にご相談ください。
※痛めた部位数、特殊電気治療、テーピングなどの処置により料金に変動があります。
※当院の平均的な料金の目安です。

自費施術

初検料 1650円

猫背矯正 5100円

当院の猫背矯正は猫背など姿勢の悪さが気になる方はもちろん、身体の様々な不調も姿勢を変えて改善を目指します。骨盤、頭、首、肩、背骨の矯正を行い正しい姿勢をとりやすくします。

当院の猫背矯正の特徴
背骨の矯正
背骨がゆがむと身体のあちこちに負担がかかります。 一番負担がかかるのは背骨の際にある筋肉です。 まずこれらの筋肉を緩めて柔らかくします。 その後、脊椎のゆがみのある部分を指で優しく矯正します。
骨盤・股関節の矯正
猫背矯正において身体の土台となる骨盤を整えることは必須です。 股関節周りの筋肉が固いとゆがんだ骨盤がなかなか治りません。 股関節周りの筋肉はストレッチをして緩めていきます。
肩関節の矯正
猫背の中でも巻き肩や前肩型といわれるタイプは肩甲骨周りや 上腕骨(腕の骨)の位置がずれている事が多いです。 この位置を正しい位置へ矯正していきます。
頚椎・頭の位置の矯正
猫背の中の顔が前に出ている「顔出し型」や「首無し型」の場合は いくら背骨ばかりを矯正しても頚椎・頭の位置も矯正しないとまた元に戻ってしまいます。 猫背で肩こりがひどい、ストレートネック、頭痛の場合、は頚椎矯正は必須です。 頭痛などは頭の位置を矯正する事でスッキリしてきます。

骨盤矯正 3060円

股関節、骨盤周りの筋肉を緩めてから骨盤のずれ・歪み・傾きを矯正します。

肩こり矯正 3060円

頭、首、肩、背骨を整体で矯正して肩こりの症状を軽くします。

テーピング 100~310円

当院で使用しているテーピングの種類と効果
キネシオテープ
キネシオテーピングを貼る事によって皮膚が波状に持ち上がり隙間ができます。 波状に持ち上がった隙間のリンパ液の流れが良くなることで 痛み、コリ、疲労の蓄積軽減、関節の動きを良くするなどの効果があります。
スパイラルテープ
身体のアンバランスによっておこる関節や筋肉の腫れ、痛みなどに対してスパイラルテープを貼ることによって身体のバランスを整えて痛みを軽減したり関節の動きを良くします。
パイオネックス(置き鍼)
東洋医学では痛みや関節など身体の動きの悪い場所は経絡(ツボの流れ)に問題があると考えています。このツボの流れを整えるためにパイオネックス(置き鍼)をします。 鍼灸施術の効果を持続させるだけでなく関節を動かしやすくしたり、痛みを減らす効果があります。
ホワイトテーピング
関節の動きを強く固定する際に使います。 数種類あるテープの中から不調を起こしている部位に適切なものを貼ります。

特殊電気治療

普通の電気治療ではできない特殊電気を使うことでより早期に痛みを緩和する治療ができます。
世界20カ国以上の医療現場で使われている特殊電気治療器を導入しています。
ソチオリンピックでも有名選手のサポートを行いTVニュースで紹介されました。
浅い筋肉から深い筋肉までしっかり治療することができ腰痛・寝違え・捻挫・肉離れなど様々な症状を早期に軽減することができます。

 

 

鍼灸 3570~7140円

鍼灸の効果が期待できる症状

頭痛、肩こり、首こり、五十肩、四十肩、腰痛、肩甲骨の痛み、テニス肘、腕の痛み、股関節、ふくらはぎ、太もも、捻挫、肉離れ、膝の痛み、足首の痛み、指の痛みなど

当院の鍼灸の特徴

当院ではアキュゾーンセラピー(acu-zone therapy)というアメリカ在住の日本人鍼灸師が開発した新たな治療法を使用しています。
頭や腕、足などのツボへ4~5本程度鍼を刺します。
ツボへ鍼を刺したその場から押した痛み(圧痛)が軽減したり症状に変化が出やすい施術法になります。

使用する鍼

使用する鍼の太さは0.1㎜~0.2㎜です。


髪の毛の太さが0.06㎜~0.1㎜なので髪の毛よりも少し太いものになります。

実際に当院で使用している鍼とペンを比べた写真です。

 

長さは1.5㎝か3.9㎝のものを使用します。
初めて鍼治療を受ける方で怖い場合、まず一番細く短い鍼を使います。

 

鍼の痛みについて

鍼は痛そうだから嫌だなと思う方が多いと思います。
ほとんど痛みはありません!と言いたいところですが
正直にお話しするとやはり多少の痛みが出てしまうことがあります。
皮膚には痛みを感じる神経があるので細い鍼がその神経に当たればどうしても痛みが出てしまうからです。
しかし注射針のような強い痛みはほとんどありません。
注射針の太さは0.4~1.2㎜です。鍼治療で使用する鍼の太さの倍近くあります。
皮膚に鍼を刺すことに変わりはありませんが鍼灸施術で使用する鍼は細いので神経に当たる確率が少ないので注射針ほどの痛みはありません。

マッサージ

必要に応じて筋肉を緩めるためにマッサージを行います。
強い刺激の方が良いと思われがちですが身体がリラックスできるほうが筋肉は緩みます。筋肉を緩めるためにとても優しい刺激でマッサージします。
乳酸を分解、疲労を軽減するオイルを使用して筋肉の質も変えながらマッサージします。