ストレッチ・体操身体

便利グッズを使わないテレワークの疲れ目対処法

パソコンやタブレット、スマホを

見すぎて目が疲れてしまった方は

 

便利グッズを使わずに

自宅で簡単にできるこちらの対処法を

お試しください。

 

自宅にある物でできる疲れ目対処法

 

目のストレッチ

 

パソコンの画面をずっと見ていると

視点が一か所になったまま

目を動かさなくなります。

 

すると

目の疲労を感じやすくなってしまうので

 

目を閉じたまま

可能な限り上を向いたまま10秒

下を向いたまま10秒

 

 

左を向いたまま10秒、右を向いたまま10秒

 

右斜め上を向いたまま10秒、左斜め下を向いたまま10秒

 

左斜め上を向いたまま10秒、右斜め下を向いたまま10秒

目を動かす筋肉のストレッチします。

 

早く動かしすぎたり

目を回す動きをしてしまうと

 

めまいがすることがあるので

状態を確認しながら

無理のない範囲で行うようにしてください。

 

肩甲骨を動かしてからツボ押し

 

目の疲れに効くツボだけ押しても

効果はありますが

 

ツボを押す前に

肩甲骨周りの血流を良くしておくと

より効果が高くなるので

 

まずは

肩甲骨の動きをつけてから

目の疲れに効くツボ押しをしてください。

 

肩甲骨の動きをつける

➀手を肩に当てます。

 

②肩に当てた手を離さないように

肘で大きく円を描くように

後ろ回しに肘を動かします。

 

③同じように肩に当てた手を離さないように

先ほどと逆方向に

肘の先で大きく円を描くように

前回しに肘を動かします。

 

ツボ押し

肘のツボ

肘を曲げた時にできるしわの先端の

曲池というツボを少し痛みが出るぐらいで

約10秒程刺激します。

 

目の周りのツボ

目の周りの骨の際を

下から上側に3点、上から下側に3点

内側から外側に圧迫します。

 

次に太陽という

こめかみから目じりへ向かった

凹みのツボを約10秒刺激したら。

 

目の内側から外側から太陽に向かって

5回ほど優しくさすります。

 

次にこめかみから顎、顎から首にかけて

5回ほどゆっくり、優しくさすって終わります。

 

 

温めたタオル、保冷材を目にあてる

 

ネットで調べると

疲れ目には温めたタオル

 

充血していたり炎症がある時は

目を冷やした方が良いと出てきます。

 

確かに炎症がある時は

冷やした方が良いと思います。

 

疲れ目の場合でも

自分で目を冷やしたいと思うなら

冷やしても問題ありません。

 

目を冷やす場合は、

保冷剤や氷嚢をつくり

ハンカチや薄いタオルでくるんで

凍傷にならないよう注意して

目の周りを2~3分程度冷やしてみてください。

 

※目の周りの皮膚はうすいので

冷やしすぎに注意してください。

 

目を温めたいと思う時は

水で湿らせたタオルを

ビニールなどでくるんで

電子レンジで1分程温めます。

温度を確かめながら

目の上に乗せても大丈夫そうな

 

快適な温度になるまで

再加熱したりしながら

 

蒸しタオルをつくり目の上に乗せて

2~3分ほど目を閉じて目をリラックスさせます。

 

 

 

スマホのバイブレーションを有効利用

目の疲れを癒す為の便利グッズには

目の疲れをほぐすマッサージ機の

アイマッサージャーがあります。

 

アイマッサージャーは

目の周りに

加湿、加圧、振動の刺激をして

目の疲労を軽減させるものです。

 

加湿は蒸しタオルで代用できますし

 

振動刺激も

スマホのバイブレーションを使えば

アイマッサージャーがなくても

短時間であれば代用することもできます。

 

振動刺激が筋肉に入ると

筋肉が緩みやすくなります。

 

基本的に筋肉は骨にくっついているので

目の周りの筋肉がくっついている

目の周りのツボへ刺激をいれると効果的です。

 

スマホのバイブレーションを

設定する画面でスマホを振動させて

先ほどの目の周りのツボ

 

上側3点、下側3点にスマホの角を当てて

10秒程度、振動刺激を入れます。

※角が目に入らないように注意してください。

※電磁波などを気にする方は使用しないようにしてください。

 

わざわざ便利グッズを購入しなくても

ご自宅にあるもので、できる対処法ばかりなので

疲れ目でお困りの方はお試しください。

在宅勤務に関するこちらの記事もご覧ください↓