ストレッチ・体操姿勢身体

在宅勤務で座っていると出る股関節の痛みを軽減する3つの対処法

在宅勤務になると通勤時間がなくなり

椅子や使に座る時間が増えます。

 

すると、

今までなかった股関節の痛みが

出てくることがあります。

 

特に

立っていたり、歩いている時ではなく

 

ずっと座って仕事をしている時に

股関節に痛みが出る方は

 

ご自宅で簡単にできる

こちらの対処法をお試しください。

 

 

1、股関節周りのストレッチ

股関節には太ももと

お尻の筋肉がくっついています。

 

 

座り続けているとこれらの筋肉が

循環不良になり痛みを起こす事があります。

 

まずは、

 

効率的に筋肉を伸ばす為に

これからご紹介するストレッチをやってみてください。

※痛みが増すような場合は無理に行わないようにしてください

 

 

・お尻のストレッチ

➀イスに座った状態で左の外くるぶしを

右ひざの上に乗せます。

 

②そのままこのように背中が丸まらないように

背すじを伸ばしてから前へ

おじぎをするように前へかがんで

約20秒ストレッチします。

 

③反対側も同じように約20秒ストレッチします。

 

 

・太もも(内側)ストレッチ

➀立った状態で右足の親指から踵を

膝の高さぐらいのイスや台の上に乗せます。

この時つま先が天井を向かないように

親指を台の上にしっかりとつけておきます。

 

②右足の親指が離れないように

左後ろへ振り返るように

身体を左に捻って太ももの内側を

約20秒ストレッチします。

 

③反対側も同じように行います。

 

・太もも(前側)のストレッチ

➀左手を壁について、右手で右足の甲を持ちます。

太ももが固くてお尻に踵がつかない方は

無理に曲げなくても大丈夫です。

 

 

②足の甲を持ったまま右膝を後ろへ動かして

右太ももの前側を約20秒ストレッチします。

 

この時腰を反らせ過ぎたり

身体が前に傾かないようにしっかりと

左ひじを伸ばして

身体が真っすぐになるように支えます。

 

③反対側も同じように行います。

 

・股関節付け根のストレッチ

背筋をまっすぐにして左ひざを床につけます。

右足は膝が90度ぐらいになるように曲げてつきます。

 

背筋を伸ばしたまま右足へ体重をかけて

左の股関節の付け根を約20秒ストレッチします。

 

③反対側も同じように行います。

2、足のツボを刺激

股関節の痛みを治療する時に

鍼灸では足のツボを使う事があります。

 

痛む場所に合わせて

適切なツボを刺激すると

痛みが軽減する事がありますので

お試しください。

 

 

・股関節の内側が痛む時

股関節の内側(黄色)

痛みが出ている方は

 

痛みが出ている側の

足の親指の骨の際

少し痛みが出るぐらいで約20秒

指先から膝の方向へさすります。

 

・股関節の外側が痛む時

股関節の外側(赤色)

痛みが出ている方は

 

痛みが出ている側の

足の中指と薬指の間の甲の部分と

足の薬指と小指の間

足首から指先方向へ

少し痛みが出るぐらいの強さで

約20秒さすります。

 

 

3、こまめに動く

 

在宅勤務になると

駅まで歩いたり、自転車に乗る時間

電車で立っている時間、駅の階段の上り下りなど

通勤時間分の運動量が減り

 

自分で気をつけない限り

確実に運動不足になります。

 

パソコンの前で同じ姿勢で座り続けていると

股関節周りの筋肉が縮こまり固くなる事で

痛みがでるようになります。

 

少しでも同じ姿勢にならないように

 

机の上に台を乗せたり

 

スタンディングテーブルで

立ってパソコンを作業するなど

 

股関節周りの筋肉を動かすことで

股関節の痛みが出にくくなります。

 

5分だけでも外に出て

散歩するようにしてもいいです。

一番大切なことは

 

股関節が縮こまった

座った姿勢ばかりに

ならないようにすることです。

3つの対処法を試してみて

少しでも股関節の痛みが楽になれば

 

頑張って継続する事で

痛みがなくなってくるかもしれません。

 

無理のない範囲で

頑張って継続してみてください。

 

股関節の内側に痛みがある方は

こちらの対処法もお試しください↓