姿勢

肩幅が広いと猫背になりやすい

肩幅

肩幅は首の背骨から

左右の肩の先端までの長さです。

 

肩の先端は赤い丸の

上腕骨や肩峰(けんぽう)という

肩甲骨の一番端になります。

 

そもそも肩にはこの骨の上に

筋肉や脂肪、皮膚がのっています。

 

肩幅の広い方は骨の距離が長いか

筋肉や脂肪が発達していることが

考えられます。

 

肩幅を狭くするには

骨の長さは簡単に変えられないので

筋肉や脂肪を落とす

 

肩甲骨の位置を内側に巻き込むと

肩幅が狭く見えるようになります。

 

肩幅を気にすると猫背になる

 

猫背(巻き肩)は

自分でなかなか気が付きませんが

無意識に悪い姿勢を繰り返した結果です。

 

肩幅が広い事を

コンプレックスに感じていると

 

少しでも肩を小さく見せようと

肩を巻き込むクセがつきます。

 

肩幅を変えるには

骨の長さを変えるか

腕の筋肉や脂肪の量を減らすしかありません。

 

肩幅ばかり気にして

姿勢が崩れてしまうと

とても悲しくないですか?

 

肩幅を狭くするのは難しいですが

 

肩幅よりも姿勢を

綺麗にしていきたい方は

 

肩幅を気にして

肩を巻き込まないようにしてください。

 

他にも立ち方を変えるだけでも

姿勢を綺麗にできますので

 

よろしければこちらもご覧ください↓