ケガ

腕のストレッチで内側上顆炎は良くならない?

腕のストレッチで内側上顆炎は良くならない?

内側上顆炎とは

 

内側上顆炎手を握ったり

手首を手のひら側に動かす

筋肉がつく肘の内側に

炎症や痛みが出るものです。

 

ゴルフで同じ場所を傷める方が多いので

ゴルフ肘などとも言われています。

 

・原因

腕の使い過ぎ、柔軟性の低下、冷え、

筋肉の硬さ、老化、

肘の内側に負担のかかる使い方など

 

 

・治療法

注射、痛み止め、湿布、

テーピング、電気治療、鍼灸、マッサージなど

 

自分でできる対処法

手首や腕のストレッチ、安静、サポーター

テーピング、使い方を変えるなど

腕のストレッチで良くならない内側上顆炎

 

整形外科や整骨院などに行ったり

GoogleやYouTubeで対処法を調べると

このような腕のストレッチが沢山出てくると思います。

 

痛みが出て間もない時や

筋肉が張るなど違和感がある段階で

この腕のストレッチをすると

楽になる事が多いです。

 

しかし、

痛みがかなりヒドクなっている場合は

残念ながら腕のストレッチだけでは

良くなりません。

 

予防などで腕のストレッチをすると

一定の効果があると思いますが

 

あまりにも痛みがヒドクなっている場合は

腕のストレッチだけでは良くならないので

腕ではない対処法をしたほうが

いいかもしれません。

 

腕よりも首や肩の位置を変えてみる

 

腕のストレッチをやっても

肘の痛みに変化のない方は

首や肩の位置を変えてみると

痛みが楽になるかもしれません。

 

肩甲骨(肩)の位置を変えてみる

まず、肘の痛みの出る動きをして

肘の痛みを確認します。

 

次に赤矢印の方向

肩甲骨(肩)を前に出して

痛みを確認します。

 

最後に緑矢印の方向

肩甲骨(肩)を後ろに引いて

痛みを確認します。

 

肩甲骨(肩)を後ろに引いた状態で

肘の痛みが楽になっている場合は

 

いつも痛みの出てしまう

日常動作をする際に

少し肩甲骨を後ろへ引いた状態で

腕を使うようにしてみてください。

 

前に肩甲骨を出した方が

楽になる場合は肩甲骨を前に

出しながら動かすようにしてみてください。

 

首を傾けてみる

 

肩甲骨の時と同じように

肘の痛みの状態をチェックします。

 

赤矢印の方向

首を右へ傾けた状態で

肘の痛みをチェックします。

 

次に緑矢印の方向

首を左へ傾けた状態で

痛みをチェックします。

 

左右どちらかに傾けた方が

痛みが楽になりましたか?

 

少しでも痛みに変化のある方は

無理のない範囲で痛みが楽になったほうへ

首を少し首を傾けて腕を使うようにすると

 

肘の痛みが楽になるかもしれません。

 

肩甲骨の位置や首を傾けることは

どこでも簡単にできることなので

 

肘の痛みを軽減させるために

楽になる動きを探してみてください。