ケガ

アキレス腱はアイシングすると痛みが増す?

アキレス腱の痛みはアイシングしても良い?

 

 

アキレス腱の痛みは

・使い過ぎ

・ストレッチ不足

・柔軟性の低下

・疲労

・身体の使い方クセの悪さ

など

 

 

の原因でアキレス腱に

炎症が起きて

痛みが出ると言われています。

 

 

炎症が出てしまった場合の

対処法を調べると

 

 

アイシング(氷などで冷やす)

をした方が良いと出てくると思います。

 

 

しかし、

アイシングをして痛みを

楽にしようとしたのに

 

 

必ずではありませんが、

アキレス腱を冷やした後に

痛みが酷くなることもあります。

 

 

炎症があるからスグに

アイシングをするのではなく

 

 

最近ではアイシングを

しないで温めるという

考えもあるので

 

 

アキレス腱の痛みは

冷やすという対処法だけでなく

 

 

まず温めてみても

いいかもしれません。

 

 

アキレス腱の痛みは温めてみる

アキレス腱の痛みがあっても

お風呂で温まったあとに

痛みが楽になることはありませんか?

 

 

そのような場合

アイシングではなく

患部を温めても問題ないといえます。

 

 

温まったことで

 

 

アキレス腱に負担をかけていた

足の裏やふくらはぎなどの

筋肉がリラックスして

 

 

アキレス腱の痛みが

軽減したのかもしれません。

 

 

他にも

後ろに重心の位置を変えて

アキレス腱の負担を減らしてみる

 

 

アイシングをして炎症を抑えなくても

痛みが軽減することもあります。

 

 

後ろ重心についてはこちらをご覧ください↓

後ろ重心にすると猫背が治る!?

 

 

お風呂に入って痛みが

増強しないのであれば

 

 

アイシングではなく

 

 

温めたり重心の位置を変えた方が

アキレス腱の痛みを感じにくく

なるかもしれません。