ケガ

捻挫をした後のむくみ対処法

捻挫の後はむくみが出るもの?

足首を捻って捻挫をすると

 

痛みが強くて足首を

動かせなくなると思います。

 

すぐに病院や整骨院へ行った場合でも

 

包帯やサポーター、固定具などで

患部を動かさないように固定されます。

 

足首を固定されていたり

痛みで動かせないと

    

血流が悪くなり

足の指やくるぶし、ふくらはぎが

むくんできます。

 

他にも

足首を捻挫して

     

患部が腫れて

むくんでいるように

見えることもありますし

 

捻挫と関係なく

腎臓や心臓、肝臓などの内臓や

静脈瘤などでむくみが出る事もあります。

 

全てのむくみに効果がある訳ではありませんが

少しでもむくみが減るように

    

         

これからご紹介する方法を

お試しください。

  

 

足の指を動かす

捻挫をした患部に痛みが出なければ

     

足の指を握ったり開いて

足の指をグーパーして

 

動かした方が

むくみが取れやすくなります。

 

足先は身体の一番下にあるので

むくみや腫れが残りやすいので

      

椅子に座っている場合は

なにか台の上に乗せて

足の指をグーパーすると良いでしょう。

      

寝ている場合は

ふくらはぎの下にクッションを置いて

グーパーするとむくみが取れやすくなります。

  

 

足首を動かす

患部の痛みがひいてきて

足首が動かせるようになってきたら

 

足首を足底側、足の甲側の

上下に動かすようにします。

 

足首も動かせると

ふくらはぎの筋肉が動くので

     

むくみがひきやすくなります

  

 

動けるようになったらどんどん動く

最初から無理をして

動く必要はないですが

  

 

少しでも動けるようになってきたら

動くようにしてください。

 

動くことで血流も良くなり

むくみが取れやすくなります。

 

痛みがあるから動くのは

止めておこうと

 

動くのを制限しすぎると

 

関節の動きがなかなか

改善されずに

 

むくみだけでなく

足首の動きが悪いまま

違和感や痛みが長引くことがあります。

 

少しずつ良くなってきたら

どんどん動くようにしたほうが

むくみもとれやすくなります。