その他身体

立っていられない坐骨神経痛は立ち方が悪い?

立っていてひどくなる

坐骨神経痛は

 

立ち方が変わると

楽になるかもしれません。

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛はお尻にある

坐骨神経に関連する領域に

 

しびれや痛みが出るものです。

 

梨状筋という

お尻の筋肉が原因のものは

梨状筋症候群と言われています。

 

ヘルニアなどで

神経が圧迫されて

坐骨神経の領域に

しびれや痛みなどが出る場合は

 

ヘルニアからくる

坐骨神経痛など

言われることもあります。

 

坐骨神経痛の症状は

 

お尻や太もも、ふくらはぎ

すね、足の甲

足首周り、足の指など

下半身に

 

・痛みやしびれ

・感覚が鈍い、ない

・立っていると痛い

・座っていると痛い

・立ち上がる際に痛い

などの症状がでます。

 

症状の出る場所

痛みやしびれの強さには

人それぞればらつきがあります。

 

治療法は

・注射

・湿布、飲み薬、座薬

・電気治療

・マッサージ

・鍼灸

・ストレッチ

・運動療法、リハビリ

などが行われています。

 

 

立ち方が悪いと坐骨神経痛を感じる

立ち方が悪いと坐骨神経痛を感じる

 

しばらく立っていて

坐骨神経痛が出てくる場合

 

無意識に症状の出やすい

立ち方をしているかもしれません。

 

全ての方に当てはまる訳ではありませんが

 

ほとんどの方は

坐骨神経痛が出ているのだから

痛みやしびれを回避して

 

身体に楽な体勢で立っていると

考えると思います。

 

しかし、

 

自分で楽だと思っていても

無意識に坐骨神経痛の出やすい

姿勢や立ち方をしているかもしれません。

 

痛みやしびれを回避しようとすると

骨盤の位置を横にずらしたり

 

片脚重心

 

反り腰

 

腰を後ろに引いて背中を丸める姿勢

 

をすると思います。

 

立っているとだんだん

坐骨神経痛がヒドクなる方は

 

写真を撮って

「立ち始めの姿勢」と

 

「症状が出ている姿勢」を

比べてみてください。

 

・右へ傾いている場合は左へ傾ける

・丸まっている場合は伸ばす

・右足重心の場合は左足重心にする

・お腹を前に突き出している場合は引っ込める

など

 

坐骨神経痛の症状が

ヒドク出ている姿勢とは

 

逆の姿勢をとってみると

症状が楽になるかもしれません。

 

どこでもできる方法なので

試しに行ってみてください。

 

※立ち方を変えて症状がヒドクなるように感じることもありますので無理のない範囲で行ってください。

 

坐骨神経痛でお困りの方は

お気軽にご相談ください↓↓↓

五香あおぞら鍼灸整骨院

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・五香十字路そば いながきさん向かい

・駐車場2台有 

 

・施術内容

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、肩こり矯正、噛み締め矯正、肩関節矯正、頚椎矯正

猫背、姿勢の悪さ、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛み、膝、捻挫、肉離れなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

友だち追加

Mail: aozora.aoc@gmail.com

ホームページ:http://aozora-aoc.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA