ケガ

妊娠中は足底が痛くなりやすい?

妊娠をしてお腹が大きくなってくると

足底に痛みを感じる妊婦さんがいます。

 

お腹の赤ちゃんの分

体重が重くなっただけではない

要因が考えられます。

足底が痛む足底筋膜炎

足底が痛む足底筋膜炎

 

足の裏(足底)の痛みで

病院などに行くと

 

「足底筋膜炎(そくていきんまくえん)」

「足底腱膜炎(そくていけんまくえん)」

などと

診断されることが多いです。

 

ひどい場合は

レントゲン検査をすると

 

踵の骨に

骨棘(こつきょく)という

トゲができていることもあります。

 

 

原因は

・立ちっぱなしになっていた

・疲労

・足底の筋肉が硬い

・硬い床の上を歩いた

・ヒールを履いている

など

 

様々あります。

 

症状は

皆さん痛みの出方は違いますが、

 

・朝起き上がって足をついた時に痛い

・長時間歩くと痛みが出る

・立っていると痛みが出る

・走ると痛い

・足底を押すと痛みがでる

など

があります。

 

治療法、対処法は

・安静

・ストレッチ

・マッサージ

・電気、温熱治療

・鍼灸

・テーピング

・インソール(靴の中敷き)を入れる

など

の方法があります。

 

 

妊娠中に足底が痛む理由

妊娠中に足底が痛む理由

 

妊娠中は赤ちゃんの成長と共に

お腹が大きくなってきます。

 

すると体重が増えるので

踵の痛みが出る

 

と考えがちですが

 

それだけではありません。

 

お腹が大きくなると

 

お腹を前に突き出して

立つようになります。

 

そのままだと

バランスが取れないので

 

身体を反らして

バランスを保とうとします。

 

すると前に出した重心を

支えようとして

足の指で踏ん張ります。

 

このように

自分で気が付かない間に

足底の筋肉を使ってしまい

痛みが出てきます。

 

 

少しでも足底に痛みを減らすには

 

朝起き上がる際に痛みが

強く出る場合は

 

すぐに足をつけて立たない

 

 

イスや床へ座って

 

足の指全体を手でつかんで

ゆっくりグーパーするように

 

準備運動をしてから

立ち上がるようにしましょう。

 

立っていて

足底の痛みが強くなる場合は

 

妊娠中の足底の痛み対処法

お腹を下から支えて

骨盤が身体の前側へ

行かないようにする。

 

 

もしくは、

おしりのあなを閉めるように

ギューッと軽くお尻に力を入れて

立つようにする

 

足底の負担が減って

痛みが楽になるかもしれません。

 

足の甲をさすると

足底の痛みが軽減する事も

ありますので

こちらもお試しください↓↓↓

浮き指で足底筋膜炎なら足の甲のケアが大切

 

足底の痛みお困りの方はお気軽にご相談ください↓↓↓

五香あおぞら鍼灸整骨院

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・五香十字路そば いながきさん向かい

・駐車場2台有 

 

猫背、姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

・施術内容

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、肩こり矯正、噛み締め矯正、肩関節矯正、頚椎矯正

猫背、姿勢の悪さ、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛み、膝、捻挫、肉離れなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

友だち追加

Mail: aozora.aoc@gmail.com

ホームページ:http://aozora-aoc.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA