ストレッチ・体操身体

首こりは背中にタオルを入れると良くなる?

首こりを改善する

首回りや腕の

 

ストレッチや体操をしても

なかなか良くならない事は

ありませんか?

 

そのような場合

背中にタオルを入れると

首コリの症状が

楽になるかもしれません。

 

首こりと背中の関係

首コリと背中の関係

背中は首とつながっています。

 

背中の位置を変えると

首の位置が変わり

 

首の筋肉の支え方に変化が出て

首こりが楽に感じる事もあります。

 

特に背中が丸まる姿勢の方や

上手に背骨を後ろに反らせない場合

 

背中から丸まり

頭や首を前に出して

首こりを感じている事があります。

 

頭、首が前に出てしまうと

ストレートネックになったり

 

頭痛、吐き気などの

症状が出る方もいます。

 

首コリの症状や改善方法は

人それぞれ違います。

 

骨盤の位置や首の位置、

頭の位置を変えるだけで

良くなる方もいます。

 

首や腕周りの動きをつけても

首コリが楽にならない場合は

背中の位置を変える

必要があるかもしれません。

 

背中にタオルを入れて首こりを楽にする方法

床で行う方法

➀バスタオルを筒状に丸めます。

 

②丸めたバスタオルを腰の反った部分の少し上に当てます。

 

③タオルを背中に当てたまま万歳をして約2分間寝ます。

 

 

イスで行う方法

➀フェイスタオルを丸めます。

 

②丸めたフェイスタオルを坐骨というお尻のグリグリした部分に当たるように入れて座ります。

 

③次に先ほどのタオルを外して腰の反った部分の少し上あたりに当てて背もたれの間に挟んで座ります。

 

➃最後に再び背中のフェイスタオルを外して今度は腰の仙骨と言う骨の部分にタオルを当てて座ります。

 

この3か所の中で

どこが楽になるのか

探してみてください。

 

3か所を時間がたつごとに

入れ替えて座ってみて

楽になる事もありますので

 

色々お試しください。

首コリでお困りの方はこちらの記事もご覧ください↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA