すねの内側が痛むシンスプリントは筋トレすると悪化する?

走るとすねの内側が痛くなる

シンスプリントは

無理に筋トレをして

治そうとするとかえって

症状を悪化させることもあります。

シンスプリントとは

シンスプリントとは

脛骨:(ケイコツ)という

すねの内側の骨の膜が

筋肉に引っ張られて

痛みが出るものです

普段運動をしないのに

急に走りだしたり

部活の練習などで走りすぎても

シンスプリントになります。

すねの内側に

押すと痛い、腫れる、走ると痛い

などが代表的な症状です。

ひどくなると歩いても痛みがでたり

何もしていなくても痛みがでます。

あまりに痛みが引かない場合は

疲労骨折などが隠れていることも

あるので強い痛みが長引く場合は

レントゲン検査を受けた方がいいでしょう。

筋トレをすると悪化する

シンスプリントは

すねの内側につく

筋肉の使い過ぎでおきます。

筋肉を使いすぎて痛みが出ているのに

すねの内側に関係する

足の裏やふくらはぎなどの筋肉を

無理に鍛えてしまうと

かえって症状が

ヒドクなる事もあります。

すねの内側とは関係のない

股関節や足関節、背骨の動き

または上半身の動き

悪くなっていることで

シンスプリントになることもあります。

筋トレをすれば良くなるだろうと

自己判断で無理に鍛えて

症状を悪化させないように

気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA