ケガ

痛みとしこりの原因は自分!?肉離れの後にやってはいけない3つこと

肉離れをした後に痛みとしこりが

いつまでも治らない事はありませんか?

そのような方は自分で肉離れの

回復を遅くしているかもしれません。

詳しく見ていきましょう。

自分で揉む

肉離れをした場所を早く治そうと

自分で揉んでマッサージしていませんか?

肉離れは筋肉の繊維が部分的に

あるいは完全に断裂している状態です。

この状態は筋肉なので表面から見えません。

皮膚で例えると

アスファルトなどで転倒して

血が出ている状態です。

筋肉も皮膚から血が出ているのと

同じような状態だと考えてみると。

無理に筋肉が傷ついた部分を揉んだりしてしまうと

カサブタができるのを邪魔したり

カサブタを何度もはがすことで

跡が残ってしまう状態に近くなります。

筋肉はむやみに自分で揉んだりしないほうが

早く治ってきます。

痛みを確認する

肉離れの痛みがだんだん引いてきて

そろそろ治ってきたかなぁと

毎日確認していませんか?

この確認をする事も

揉んだりするのと同じように

治ろうとしている筋肉の回復を

遅くしてしまう原因

しこりや痛みをすことに繋がります。

肉離れをした筋肉は回復してくる段階で

筋肉にしこりができます。

そのしこりは自然に吸収されたり

適切な処置する事

によって無くなってきます。

しかし、痛みがまだ残っているのに

確認する作業を繰り返すことで

しっかりと治ろうとしている組織が

綺麗に治らなくなります。

痛みが残っていると気になるのですが

なるべく痛みの出ないようにしている

方が痛みやしこりはなくなってくるのです

無理なストレッチ

肉離れをした筋肉は治っていく段階で

しこりができて硬く感じます。

なので、ついつい頑張って

ストレッチして治そうと

思いませんか?

もちろんストレッチする事は大切です。

しかし、筋肉が治りきって

ない間に無理に伸ばすと

回復を遅くして痛みやしこりを

残してしまいます。

揉んだり、痛みを確認するのと

同じようにストレッチも肉離れの

回復を遅くしてしまうのです。

時期を適切に見極めてストレッチを

するとしこりや痛みが軽減します。

自分ではなかなかその時期を見極めるのは

難しいので無理にストレッチをするのは

辞めた方が早く治ります。

なんとか肉離れを早く治したいなら

どうにか肉離れ後の痛みやしこりを

出来る限り早く治したい方は、

しっかりと治療してもらう事を

お薦めします。

特に鍼治療

テーピングをしてくれる

鍼灸院や整骨院などがオススメです。

治療する時間がなくて

どうしても自分で治したい方は

酸素オイル(O2KRAFT)

というオイルを毎日塗るのがオススメです。

プロのスポーツ選手も愛用している

オイルなので疲労回復や痛みを

減らす効果がとても高いです。

肉離れで残ったしこりや痛みなんかは

酸素の力で早く治すことができます。

当院でも肉離れの治療に使用しています。

是非お試し下さい。

まとめ

・揉むと傷めた筋肉を余計に傷めて痛みが引かなくなる。

・痛みを確認すると治ろうとしている筋肉を再び傷めてしまう。

・素人判断で無理にストレッチすると治りにくい。

・肉離れの治療は鍼、テーピング、酸素オイルがオススメ。

足の怪我に関連する記事はこちら↓

・シンスプリントになりかけたら注意すべき事

・肉離れのテーピングを貼る前に注意すべき2つのポイント

・アキレス腱の痛みは姿勢が関係する

・スポーツで怪我をしない為に必要な3つの対策

肉離れの痛みやしこりがなかなか治らない方は

お気軽にご相談下さい↓↓↓

2011年の全国優勝をサポートした

元市立船橋高校サッカー部のトレーナーがいる

五香あおぞら鍼灸整骨院

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・五香十字路そば いながきさん向かい

・駐車場2台有 

猫背、姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

・施術内容

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、肩こり矯正、噛み締め矯正、肩関節矯正、頚椎矯正

猫背、姿勢の悪さ、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛みなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

Mail: aozora.aoc@gmail.com

ホームページ:http://aozora-aoc.com

痛みとしこりの原因は自分!?肉離れの後にやってはいけない3つこと” への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA