ぎっくり腰にならない為に気をつける3つの事

ぎっくり腰で来院される患者さんは

・身体が硬い

・悪い座り方をする

・荷物の持ち方が腰に負担をかけている

このような方が多い傾向にあります。

ぎっくり腰にならない為にも

以下のことに注意してみてください。

身体を柔らかくする

ぎっくり腰は色々なタイプがあります。

その中でも筋肉や関節に問題があって

ぎっくり腰になる方は

身体が硬い傾向にあります。

身体を前屈して手が床に届かない場合は

太もも裏の筋肉が硬くなっているか

関節を上手に使えないので

身体を前にかがめようとしたときに

腰周りの筋肉や関節へ負担をかけて

ぎっくり腰の危険性が増します。

自宅で簡単にできる対処法は

毎日ストレッチをして筋肉を

柔らかく保ち、身体が動きやすい状態を

つくる必要があります。

ストレッチは10秒とかで終わらせる

のではなく、しっかりと30秒

伸ばすようにしましょう。

座り方に気をつける

イスや床に座っている座り方が

原因でぎっくり腰になる事もあります。

イスに座る場合このように浅く座る

仙骨座りをしていませんか?

この座り方は太ももの裏が硬いと骨盤を

引っ張るので勝手になってしまいます。

太もも裏の筋肉は骨盤にくっついているので

硬いままだと無理に骨盤を引っ張るので

常に腰回りの筋肉へ負担をかけています。

床へ座る場合はこのような横座りしていませんか?

この座り方は片側の骨盤、おしりの筋肉へばかり

負担をかけるので骨盤のバランスが崩れます

骨盤のバランスが悪いと腰周りの筋肉や

関節へ負担をかけるので

ぎっくり腰になりやすいのです。

横座りをしている方はすぐにやめて

胡坐をかく場合は足を組み替えたり

たまに正座をして

正しい姿勢で座るようにしましょう。

荷物の持ち方に気をつける

腰痛のある方は

荷物を持とうと前かがみになる時に腰から

曲げてかがんでいませんか?

荷物を持つ時はできる限り膝を

曲げてかがみます。

膝を曲げずに前へかがんでしまうと

腰周りの筋肉を引き延ばす量がが増えて

背中を曲げてしまうので負担に耐え切れなくなると

ぎっくり腰になります。

出来る限り荷物を自分へ近づけて持つように

するだけでも腰の負担を軽減する事ができます。

太ももは柔らかいけど前にかがめない方は

股関節などの関節を上手に使えていない

可能性があります。

前へかがむときはお尻を後ろへ突き出すようにして

股関節から曲げてかがむようにしましょう。

まとめ

・筋肉をストレッチして身体を柔らかくする。

・横座り、仙骨座りなど無理な態勢で座らないようにする。

・かがむときは膝を使ってかがむようにする。

・荷物を体に近づけてから持つようにする。

・かがむ時はお尻を突き出しながら股関節を使ってかがむようにする。

ぎっくり腰でお悩みの方はお気軽にご相談ください↓

姿勢の改善で症状の改善を目指す

五香あおぞら鍼灸整骨院

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・五香十字路そば いながきさん向かい

・駐車場2台有 

猫背、姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

・施術内容

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、肩こり矯正、噛み締め矯正、肩関節矯正、頚椎矯正

猫背、姿勢の悪さ、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛みなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

Mail: aozora.aoc@gmail.com

ホームページ:http://aozora-aoc.com

ぎっくり腰にならない為に気をつける3つの事” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA