鍼灸師が教える!鍼灸で腰のヘルニアに効果を出せる2つの理由

腰のヘルニアに鍼灸で効果を出せる

理由は2つあります。

➀ヘルニアに対する鍼灸の効果

➁鍼灸師が選ぶツボ

です。詳しく見ていきましょう。

腰のヘルニアに対する鍼灸の効果

鍼灸をすると体に様々な反応が起こります。

その中でもヘルニアに効果が出る

反応をご紹介します。

構造的な負担を減らせる

腰のヘルニアは椎間板に負担がかかる

ことで起きます。

椎間板に負担がかかりやすい状態は

腰の骨の正常な弯曲が保たれていない

状態です。

通常腰の骨は軽く前に弯曲しています。

腰や脚周りの筋肉が硬くなると

椎間板の土台となる骨盤を

引っ張って傾けてしまいます。

土台が傾くと正常な腰の弯曲が崩れて

椎間板に負担がかかってしまいます。

鍼灸をすると

・血流が良くなる。

・筋肉を緩める。

このような効果があります。

構造的に負担をかけている筋肉へ

鍼灸をすることで負担をかけていた

筋肉が緩み構造的な

負担を減らせることによって鍼灸で

ヘルニアに効果を出せます。

自然治癒力が上がる

鍼灸治療をすると自律神経の働きが

良くなります。

自律神経には交感神経副交感神経

あります。

交感神経は

運動している時や興奮状態に働きます。

副交感神経は

寝ている間などリラックスした状態の時に働きます。

現代はストレスが多く交感神経が優位になっています。

リラックスした状態で身体が上手に休めないと

自律神経のバランスが崩れて免疫が

落ちる事で体調を崩しやすくなります。

鍼灸をする事で自律神経のバランスが

整い体調が良くなることで

自然治癒力があがるので

腰のヘルニアを治す力も

上がります。

鍼灸師が選ぶツボ

多くの鍼灸師が腰の治療で使用するツボは

主に・骨盤周り・脚の周りに集中しています。

これらのツボを刺激するとヘルニアになった

椎間板の構造的な負担を

減らせるので腰のヘルニアに鍼灸で

効果が出すことができるのです。

骨盤周りのツボ

骨盤周りには背中の方まで続く

筋肉がくっついています。

この骨盤周りにつく筋肉が

硬くなって縮こまると

腰の前の弯曲を

強くしてしまい椎間板の負担が

増します。

負担が増さないように骨盤周りの

ツボへ鍼灸をする事で

筋肉を緩めてヘルニアの負担を

減らしているのです。

脚周りのツボ

腰なのに脚周りは関係ないだろうと

思われがちですが関係します。

主に脚周りでも良く使われているツボは

これらの赤い点の場所です。

このツボに共通する事は筋肉や筋膜で

骨盤につながっていることです。

身体の後ろ側のツボは筋肉で

坐骨という

座った時に当たる骨につながり。

身体の前側のツボは筋肉で

股関節のつけね

の出っぱっている骨へつながっています。

このつながっている筋肉が硬くなると

筋肉が縮こまり骨を引っ張る事で

骨盤の傾きを前後どちらかに

つくってしまいます。

骨盤は腰の骨の土台なので土台が傾くと

椎間板へ負担をかけてしまいます。

この負担を減らすために鍼灸で

脚周りのツボを刺激する事で

ヘルニアの負担を減らせることで

効果を出すことができるのです。

まとめ

・鍼灸で筋肉が緩み自然治癒力が上がる。

・骨盤と脚周りのツボへ鍼をする事でヘルニアになっている場所の構造的な負担を減らせる。

・構造的な負担が減り自然治癒力が上がるため鍼灸でヘルニアに効果を出せる。

ヘルニアでお困りの方はお気軽にご相談下さい。

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

2011年の全国優勝をサポートした

元市立船橋高校サッカー部のトレーナーがいる

五香あおぞら鍼灸整骨院

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・駐車場2台有

  

猫背、姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛みなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

Mail: aozora.aoc@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA