腕に貼る場所を変えるだけ!肩こりに低周波で効果を出す方法

低周波とは

自宅に低周波治療器がある方は

それがどのようなものなのか

詳しく分からない方も多いと思います。

低周波についてと有効な使い方を

解説いたします。

低周波の周波数

低周波とは1~1000Hz(ヘルツ)の

周波数の電気です。

主に家庭用の低周波治療器は

1~1000Hzの周波数を使っています。

1Hzは1秒間に1回電気刺激が入ります。

低周波のモードは

たたくの場合だと周波数のHzが少なく

もむの場合だと周波数のHzが高くなっています。

肩こりは腕に低周波を貼ると効果的!?

肩こりを良くしようと肩に

低周波をつけてもあまり変わらない

という事はありませんか?

そんな場合はこちらの方法を

お試しください。

腕に低周波を使って効果があるかチェック

肩こりに腕!?と疑いたくなると思いますが

実は腕の筋肉は肩につながっています。

肩こりに関係する腕の筋肉は

三角筋」です。この筋肉が

肩こりを引き起こしているか

チェックしてみましょう。

①首を左右に傾けて重たさや

ツッパリ感などを覚えておきます。

②写真のように腕を横に床と水平に

なるようにして反対の腕で抱えます。

このまま10秒ストレッチします。

③首をまた左右に傾けてみて

腕をストレッチした側の方が

先ほどよりも重たさやツッパリ感など

が楽になっていませんか?

このストレッチをして

首から肩に何かしら変化があった方は

腕の三角筋が肩を引っ張って

肩こりを悪化させているので

三角筋に低周波をつけると

肩こりを軽減できます。

低周波を貼る場所とは

先ほどストレッチした三角筋へ

低周波を貼ります。

この写真のように前後で

三角筋を挟むようにします。

家庭用低周波治療器の場合

様々なモードがありますが

いくつか試してみて気持ちのいい

モードで問題ありません。

低周波をかける時間は

1つのモードが終了したら

そこで終わりにしてください。

※長時間電気をかけ続けると

身体に異常を感じたり

痛みやコリが悪化する事もあるので

注意してください。

腕に貼る場所を変えるだけ!肩こりに低周波で効果を出す方法” への7件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA