仙骨座りしていませんか?


仙骨座り

 

 

 

 

 

このような座り方になっていませんか?

 

最近はこのように椅子に浅く腰掛けて

 

骨盤の仙骨で座って、背中の上部を背もたれにつけている状態を

 

「仙骨座り」と言います。

 

仙骨とは骨盤の中心部分

仙骨

 

 

 

 

 

 

赤丸部分のことです。

 

この仙骨座りをしてしまうには理由があります。

 

それは、

 

ももうらの筋肉が硬くなって短縮しているからです。

 

普段デスクワークが多く膝を曲げた状態が長く続くと

 

ももうらの筋肉がドンドン短縮してしまいます。

 

そうすると座った時にももうらの筋肉が骨盤を前に引っ張ってしまい

 

このような仙骨座りをつくってしまいます。

 

予防法として

 

1、ももうらの筋肉をストレッチする事。

 

横前屈

 

 

 

 

 

このように両足を同時にやるとツライ場合は

 

伸ばさない足の膝を曲げて30秒片足ずつ伸ばすと効果的です。

 

2、イスに浅く腰掛けずに深く腰掛けることを心がける

 

仙骨座りをしていると姿勢が悪くなり猫背になります。

 

猫背になると肩こりや腰痛、頭痛など身体の不調が出てきてしまうので

 

悪い姿勢にならないように予防することがとても大切です。

 

 

姿勢でお悩みの方はお気軽にご相談下さい↓

姿勢の改善で症状の改善を目指す

五香あおぞら鍼灸整骨院

 

 

・新京成線、五香駅より徒歩4分

・駐車場2台有

・五香十字路そば、いながきさん向かい 

 

姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

猫背矯正、骨盤矯正、腰痛、首、肩こり、捻挫、肉離れなど お気軽にご相談ください。

各種保険取扱い、労災、むちうち、交通事故治療

〒270-2213 松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

ホームページ http://aozora-aoc.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください