料理中に肩こりをつくる3つのポイント


料理中に肩こりを感じる事はありませんか?

 

今からご紹介する3つのポイントに気をつける

だけで肩こりを改善できるかもしれません。

 

頭の位置

頭の位置はとても重要です。

 

頭の重さは男性で約5㎏、女性で約4㎏あります。

 

頭の位置が背骨の上に正しく乗っていれば

通常通り約4~5㎏の負担が首へかかります。

※糖尿病ネットワークより引用 http://www.dm-net.co.jp/calendar/2014/022804.php

15°うつむくと12㎏

30°うつむくと18㎏

45°うつむくと22㎏

60°うつむくと27㎏

 

うつむく角度が強くなればなるほど

頭を支える負荷が大きくなるので

首への負担が増します。

 

首の周りには肩こりの原因になりやすい

筋肉があります。

 

料理中はなるべくうつむかないように

頭の位置を上にして肩こりを悪化させないようにしましょう。

 

肩の位置

食材を切ったり、炒め物をしている時は

肩が前に入った状態が長く続きます。

 

この肩が前に入った状態が長いと

胸の筋肉が肩周りの筋肉を引っ張ります。

 

 

その他にも腕の筋肉が肩を前へ引っ張るので

肩周りの筋肉が前へ引っ張られます。

 

肩こりの原因になる筋肉が常に前へ

引っ張られてしまうと

それに耐えようとして肩周りの筋肉に

負担がかかります。

 

肩こりは筋肉が固くなったり循環不良に

なると起きます。

 

肩が前に入った状態が長くならないように

時間に余裕のある時は肩周りの筋肉を

動かしたりしましょう。

 

 

料理で肩が前に入ってしまった時のストレッチ

 

胸のストレッチ

➀肘を肩の高さぐらいまで上げて、肘から腕の内側を壁や柱に付けます。

 

 

 

②腕をつけたまま肩を前へ突き出すようにして胸の前側を約30秒ストレッチします。

 

 

 

③肘の高さを上下に動かして一番伸びる位置を探して伸ばすとより効果があります。

※無理に伸ばしすぎないように注意しましょう。

 

 

背中のストレッチ

 

➀腕の長さの分壁から離れます。

そのまま右手を壁の左斜め前の頭よりも上の辺りへ置きます。

 

 

 

②おじぎをして赤丸の部分を青矢印の方向へ突き出すようにして腰を右側へ突き出して約30秒ストレッチします。

 

③反対側も同じように約30秒ストレッチします。

※無理のない範囲で行うようにしましょう。

 

 

 

 

重心

料理中は基本的に前傾姿勢になりやすいです。

 

常に前傾姿勢になっていると重心が前へ傾いてしまいます。

 

前傾姿勢が長くなると体が猫背になって丸まってきます。

すると胸の筋肉が固くなって肩こりをつくる筋肉を引っ張るので

肩こりがひどくなります。

 

料理に夢中になるとついつい重心が前へ

行ってしまいます。

 

なるべくかかとの上に

体重を乗せるように意識をして重心を

後ろへ持ってくるようにしましょう。

 

まとめ

・料理に集中して頭が下へ行き過ぎないようにする。

・ずっと肩が前へ行かないようにする。

・重心が前へ行き過ぎないようにかかとの上に体重を乗せるようにする。

 

肩こりに関連する記事はこちら↓

・寝起きの肩こりは枕だけが原因ではない?

・猫背と肩こりの原因!?脇の下のこりチェックとストレッチ

・噛み締めると姿勢を崩して肩こりになる?

・肩こりに湿布は効かない?

・腕に貼る場所を変えるだけ!肩こりに低周波で効果を出す方法

・肩こりには鍼とマッサージどちらが効果的か?

・肩こりは手のしびれにもつながる

 

↓↓↓肩こりでお悩みの方はお気軽にご相談下さい↓↓↓

五香あおぞら鍼灸整骨院

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・五香十字路そば いながきさん向かい

・駐車場2台有 

 

猫背、姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

・施術内容

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、肩こり矯正、噛み締め矯正、肩関節矯正、頚椎矯正

猫背、姿勢の悪さ、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛みなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

Mail: aozora.aoc@gmail.com

ホームページ:http://aozora-aoc.com

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください