テニス肘には筋トレと姿勢どちらが大事?


テニスのやりすぎなどで

肘の外側が痛くなるテニス肘。

 

テニス肘になってしまった時は

筋トレやストレッチ、姿勢(フォーム)

を変えるなど様々な対処法があります。

 

その中でも筋トレと姿勢について

考えてみましょう。

テニス肘は筋トレをやりすぎると危険

 

 

 

 

 

テニス肘は主に肘の外側に痛みの出るものです。

 

肘の外側には手の甲を天井方向へ動かしたり

じゃんけんのパーをつくる

手の甲を床側へ捻るのに

必要な筋肉がくっついています。

 

テニス肘になる原因はこれらの筋肉が

肘の外側を引っ張っておきます。

 

という事は

 

腕や手首などを筋トレで鍛えてしまうと

余計に肘の外側を引っ張ってしまい

テニス肘は悪化します。

 

筋力がないからテニス肘になる訳では

ないのです。

 

テニス肘になりやすい姿勢

 

 

 

 

 

テニスをやっていると

ボールを打つので

胸の筋肉が発達してきます。

 

胸の筋肉が発達すると巻き肩になります。

 

常に肩が前に巻いていると

テニス肘になる

筋肉とは逆の筋肉が

発達してきます

 

バックハンドをしようとしても

逆側の筋肉に引っ張られていると

必要以上に筋力を使わないと

上手く動かせません。

 

この状態を長く続けていると

テニス肘になってしまいます。

 

巻き肩は一つの例ですが

他にも上手に身体が捻れない

足の指で踏んばれていない

などの原因でもテニス肘になります。

 

無理に筋トレをするよりも

姿勢を見直した方が良くなるかもしれません。

 

テニス肘でお困りの方はお気軽にご相談下さい↓

五香あおぞら鍼灸整骨院

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・五香十字路そば いながきさん向かい

・駐車場2台有 

 

猫背、姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

・施術内容

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、肩こり矯正、噛み締め矯正、肩関節矯正、頚椎矯正

猫背、姿勢の悪さ、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛みなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

Mail: aozora.aoc@gmail.com

ホームページ:http://aozora-aoc.com

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です