五香あおぞら鍼灸整骨院トップ画像

膝の痛み


膝の痛み

痛みの出ている部位で損傷の起こしている場所の目安になります。


お皿の下側が痛む

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)

お皿の下からすねの骨につく膝蓋靭帯の損傷です。
お皿の下側に歩行痛、階段昇降痛、屈伸痛がでます。

オスグット病

10歳〜15歳ぐらいの子供によくみられます。良く成長痛といわれているものです。
太もも前の筋肉がつく、すねの骨に変形や炎症が起きている状態です。
走行痛、屈伸の痛み、階段昇降痛、押して痛いなどの症状が出ます。
あまりひどくなると、すねの骨に骨折があることがあるので注意が必要です。


膝の内側が痛む

内側側副靭帯損傷

ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)の内側を結ぶ靭帯の損傷です。
スキーや柔道、サッカー、アメフト、ラグビーなどの激しいスポーツで起きやすいといわれています。
損傷が軽いと歩けますが痛みが強く屈伸できないこともあり
損傷がひどいと靭帯が切れていることもありますのでMRIなどの検査が必要になります。

内側半月板損傷

スポーツなどで膝に荷重がかかった状態で膝をねじるような動作をする起きやすいといわれています。
特徴的な症状として膝崩れ(歩いていて急に膝がガクッとする事)、ロッキング(膝に何か挟まった状態で膝の曲げ伸ばしができなくなる事)などがあります。
損傷がひどいと手術をすることもありますので医療機関で検査を受ける事をおすすめします。

鵞足炎

鵞足はすねの骨の内側のことで、もも裏の筋肉、内転筋がまとまって腱となりくっついてくる部分のことです。
ランニングやサッカーなどで蹴る、水泳のキック動作の繰り返し、打撲などが原因で起きます。
歩行痛、階段昇降痛、走行痛、膝の屈伸痛、坂道での歩行痛などがでます。


膝の外側が痛む

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

ランナーなどのスポーツ選手や登山などで膝を使いすぎる事で膝の外側の腸脛靭帯に炎症がおきて痛みが出ます。
走り始め、走行中、走行後の痛み、押したときの痛み、階段昇降痛が出ます。

外側半月板損傷

内側半月板損傷と同じ原因、同じ様な症状が膝の外側に現れるものです。


お皿の上側が痛む

膝蓋大腿関節症

お皿(膝蓋骨)と太ももの骨(大腿骨)の関節に炎症が起きるものです。
加齢や使い過ぎなどが原因で起きます。
皿の上あたりの痛み、腫れ、こわばりなどの症状が出ます。

膝関節水腫

膝に水が溜まってしまった状態です。
膝の腫れ、屈伸痛、安静時痛、歩行痛、階段昇降痛などの症状がみられます。
スポーツなどによる使い過ぎ、加齢、肥満の人に多くみられます。


五香あおぞら鍼灸整骨院

〒270-2213 千葉県松戸市五香2-1-3

新京成線 五香駅東口から徒歩4分

駐車場2台分あります

電話:047-713-3279

Copyright © 2015 · All Rights Reserved · 五香あおぞら鍼灸整骨院