貼る方向を変えるだけ!簡単にテーピングの効果を上げる方法


テーピングの効果

テーピングの効果

 

 

 

 

 

テーピングは主に2つの効果があります。

1.痛みやコリをやわらげる

2.筋肉、関節の動きを良くする

2つの効果を詳しく見ていきます。

 

痛みやコリをやわらげる

キネシオテーピング 理論

 

 

 

キネシオテーピング協会より引用

 

筋肉や、関節などに痛みやコリが

ある時は血流が悪くなっていたり

組織を傷めている時に起きます。

 

伸び縮みするテーピングを貼ると

皮膚と筋肉の間に隙間ができます。

 

隙間ができる事で皮膚と筋肉の間に

あるリンパ液の流れが良くなることで

痛みやコリを感じさせる

物質が流れて循環が良くなり痛みやコリを

感じにくくする事ができます。

 

筋肉、関節の動きを良くする

筋肉関節の動き

 

 

 

 

 

伸び縮みするテーピングをすると

先ほど説明しましたが

皮膚と筋肉の間に隙間ができて

筋肉も動きやすくなります。

 

 

関節を動かすのは筋肉なので

筋肉の動きが良くなることで

関節の動きも良くなります。

 

テーピングの効果を上げる方法

テーピングの効果を上げる方法は

テーピングを貼る方向を変えるだけです。

 

具体的にテーピングを貼る方向は

貼る前に手を使って確かめることができます。

 

今回は腕で例をご紹介していますが

身体のどこでも応用がききます。

 

例)手首に痛みがある場合

①テープの貼る位置をあらかじめ決めます。

(この時まだテープは貼りません。)

テーピング

 

 

 

 

 

 

②テープを貼る場所を軽く押さえて

皮膚を肘方向へ抑えたまま

手首を動かします。

次に

逆の手首方向へ皮膚を押さえたまま

手首を動かします。

テーピング皮膚チェック

 

 

 

 

 

 

 

③肘方向へ皮膚を持って行って

手首を動かした方が楽だったら

手首側から肘方向へテープを貼ります。

手首、肘テーピング

 

 

 

 

 

 

手首方向へ皮膚を持って行って手首を

動かした方が楽だったら

肘方向から手首方向へテープを貼ります。

肘、手首テーピング

 

 

 

 

 

 

やり方としては難しくないので

痛みがなくてもやってみると

皮膚と筋肉を動かす方向で

効果が違う事を実感できるので

是非お試しください。

 

まとめ

・テーピングは痛みやコリをやわらげて筋肉や関節の動きを良くする効果がある。

・テーピングの効果を上げるには貼る前に皮膚を上か下に押さえたまま痛い動きをして楽な方向を見つける。

・皮膚を押さえて楽だった方向へテープを貼る。

 

テーピングの貼り方や

身体の痛みなどお気軽にご相談下さい。

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

元市船サッカー部トレーナーがいる

 あおぞら鍼灸整骨院

 

 

 

 

 

 

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・五香十字路そば いながきさん向かい

・駐車場2台有  

猫背、姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛みなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

Mail: aozora.aoc@gmail.com

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください