腕が上がらないのは巻き肩が原因!?知っておくべき5つの原因


腕が上がらない原因の1つに巻き肩も

ありますがその前に知っておかなければ

ならない原因がありますのでご紹介します。

 

 

腕が上がらない原因

 

 

 

 

 

 

腕が上がらないのは

姿勢の悪さだけでなく

脳梗塞やヘルニアなど

関係ないと思われがちな

原因もあります。

 

脳梗塞

 

 

 

 

 

 

脳梗塞でも腕が上がらなくなる事があります。

 

下にあげる条件が

1つでも当てはまる場合は

必ず病院へ行き

検査を受けるようにしましょう。

 

・片方の手足に力が入らない、感覚が鈍い、しびれる。

・顔の片側だけ歪んだり、口角が下がる。

・ろれつが回らない。言葉が出ない。

・今までに経験したことのない激しい頭痛。

・片側の視界がかける、物が二重に見える。

など

 

 

頚椎椎間板ヘルニア

 

 

 

 

 

 

頚椎椎間板ヘルニアで

腕の神経が圧迫されてしまい

正常に筋肉へ腕をあげる動きが

伝達されないと

腕が上がらなくなります。

 

片方の腕の筋力が

極端に落ちてしまった。

 

握力がなくなり物をきちんとつかめない。

 

腕の感覚が鈍い場合は

ヘルニアが原因になっていることが

考えられますので

 

病院でMRIなどの

検査を受けた方が良いでしょう。

 

腱板断裂、腱板炎

 

 

 

 

 

 

肩には上腕骨頭(腕の骨の肩の部分)を

包んで肩の動きを正常にする

回旋筋腱板と呼ばれる筋肉があります。

 

ローテーターカフやインナーマッスル

なんて言われたりしています。

 

この回旋筋腱板(腱板)を傷めていたり

何かが原因で

断裂してしまった場合は

腕を上げるときの痛みや

腕が上がらないなどの

症状が現れます。

 

 

痛みを感じない場合もありますので

 

長期間腕が上がらない、

痛みが激しく出る場合

病院で腱板の検査を受ける必要があります。

 

五十肩(肩関節周囲炎)

 

 

 

 

 

 

五十肩は別名、「肩関節周囲炎」とも呼ばれています。

 

五十肩の典型的な症状は

 

・夜間痛(夜寝ている間の痛み)。

・洋服の着脱時の痛み。

・髪を結ぶ、洗うなどの痛み。

など

 

肩から腕にかけて痛みがあり

腕を上げられない場合は

五十肩の可能性があります。

  

巻き肩など姿勢の悪さ

 

 

 

 

 

 

巻き肩など姿勢が悪いと

肩の関節の位置が前へ行きます。

 

通常よりも腕の骨(上腕骨)が

前に捻じれています。

 

巻き肩だと

腕を動かそうとした時に

 

腕の骨が肩甲骨よりも

捻じれていたり、

 

腕が前に出た状態で

無理に動かそうとします。

 

動かした時に

痛みや引っかかりを感じて

上がらない方は

巻き肩など姿勢の悪さが

原因になっている事も考えられます。

 

 

インピンジメント症候群といって

腕を上げようとすると肩周りの

筋や腱が骨の間に挟まってしまい

痛みや上がりにくい症状を起こします。

 

 

ひどくなると骨にとげ(骨棘:こつきょく)

出きて痛みを強くすることもあります。

 

 

腕が上がらないのは巻き肩をつくる筋肉

 

巻き肩をつくる筋肉

巻き肩をつくる筋肉で腕を上げにくくする

筋肉はこれらの筋肉です。

 

・大胸筋(だいきょうきん)

 

 

 

 

 

 

 

 

・小胸筋(しょうきょうきん)

 

 

 

 

 

 

 

 

・広背筋(こうはいきん)

 

 

 

 

 

 

 

 

胸の筋肉である大胸筋、小胸筋は

 

 

 

 

 

 

 

 

硬くなると腕の骨を前に引っ張ってしまい

肩が前に捻じれます。

 

腕の骨だけでなく肩甲骨も前に

引っ張るので肩甲骨の動きも悪くします。

 

すると、

腕の骨と肩甲骨の位置が

どちらも前にあるので

正常な動きが出来ずに腕が

あがりにくくなってしまいます。

 

広背筋は背中の筋肉ですが腰から

腕の骨までついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

この広背筋が硬くなると

腕を上げようとした時に引っ張られてしまい

しっかりと腕が上がりきらなくなります。

 

更に広背筋は元から腕の骨の内側へついているので

腕の骨を前へ捻じりながら巻き肩をつくります。

 

腕の骨を引っ張って

上げにくくするだけでなく

関節の位置までも悪くするので

余計に腕が上げにくくなります

 

巻き肩を改善するには

 

巻き肩を改善するには

この巻き肩の原因となる

筋肉をストレッチして

硬くならないようにする必要があります。

 

胸の筋肉のストレッチ

➀腕の内側を壁に当てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

➁当てた腕をそのままにして肩を前へ突き出すようにして胸の筋肉を約30秒ストレッチします。

 

 

➂伸びが感じられない場合は肘の高さを上下に動かしてみて一番伸ばせる位置で無理のない範囲で行うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

広背筋のストレッチ

➀棚の上側を反対側の肩の前あたりでつかみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

➁そのままつかんだ腕の付け根あたりとお尻を身体の外側へ突き出すようにして広背筋を約30秒伸ばします。

 

 

 

 

 

 

 

 

➂反対側も同じように約30秒ストレッチを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

巻き肩は腕と胸周りの筋肉だけでなく

重心のバランスも正しい位置に持ってこれると

自然と肩を後ろへ引きやすくなります。

 

 

まとめ

・腕が上がらない原因のなかに危険なものもある。

・巻き肩をつくる筋肉が肩の関節の位置を悪くして腕が上がらなくなる。

・巻き肩を改善するには肩甲骨に動きをつけて原因となる筋肉をストレッチする。

 

巻き肩の関連記事はこちら↓

・猫背と肩こりの原因!?脇の下のこりチェックとストレッチ

・巻き肩は手の冷えの原因にもなる

・巻き肩は胸を張るだけで解消しない?

・巻き肩の腕周りをスッキリさせる方法

・巻き肩は寝方で改善する?

 

巻き肩でお悩みの方はお気軽にご相談下さい↓↓↓

五香あおぞら鍼灸整骨院

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・五香十字路そば いながきさん向かい

・駐車場2台有 

 

猫背、姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

・施術内容

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、肩こり矯正、噛み締め矯正、肩関節矯正、頚椎矯正

猫背、姿勢の悪さ、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛み、膝、捻挫、肉離れなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

友だち追加

Mail: aozora.aoc@gmail.com

ホームページ:http://aozora-aoc.com


「腕が上がらないのは巻き肩が原因!?知っておくべき5つの原因」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください