鍼灸はどんなときに効果があるの?


WHO(世界保健機構)が認めた症状

 

 

 

 

 

鍼灸治療と聞くと、どんな症状に

効果があるのかわからないと思います。

 

1979年にWHO(世界保健機構)が

 

鍼灸治療の適応疾患を43疾患発表しました。

必ずしも研究の裏付けがあるものではないですが

多くの患者さんへ鍼灸を行った

臨床経験にもとづくものだそうです。

 

お医者さんの専門があるように

鍼灸師にも得意不得意の

疾患や症状があります。

 

鍼灸院へ行く際には現在ある症状が

最寄りの鍼灸院で対応しているのかどうか

問い合わせてから行くと間違いない

と思います。

 

43の適応疾患はこちらです↓

・神経系疾患

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症

自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠

神経症・ノイローゼ・ヒステリー 

 

・運動器系疾患

リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症

五十肩・腰痛・関節炎

外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

 

・循環器系疾患

心臓神経症・動脈硬化症

高血圧低血圧症・動悸・息切れ

 

・呼吸器系疾患

気管支炎・喘息・風邪および予防 

 

・消化器系疾患

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)

胆嚢炎・肝機能障害・肝炎

胃十二指腸潰瘍・痔疾 

 

・代謝内分秘系疾患

バセドウ氏病・糖尿病

痛風・脚気・貧血 

 

・生殖、泌尿器系疾患

膀胱炎・尿道炎・性機能障害

尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎 

 

・婦人科系疾患

更年期障害・乳腺炎・白帯下

生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

 

・耳鼻咽喉科系疾患

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエール病

鼻出血・鼻炎・ちくのう

咽喉頭炎・へんとう炎 

 

・眼科系疾患

眼精疲労・仮性近視・結膜炎

疲れ目・かすみ目・ものもらい

 

・小児科疾患

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、

消化不良、偏食、食欲不振、不眠)

小児喘息・アレルギー性湿疹

耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善 

 

鍼灸はなぜ効くの?

 

 

 

 

 

鍼灸は体のツボや筋肉へ鍼を刺したり

お灸をすえる事で体に変化が起きます。

 

鍼灸の刺激は皮膚にある感覚神経を通じて

痛みなどを感じる脳(中枢神経)へ作用

します。

 

 

 

 

 

 

痛みやコリなどを感じているのはです。

 

鍼灸治療をすると

皮膚の感覚神経から脳へ通じる途中の経路を

ブロックして感覚を麻痺させたりします。

 

 

途中の経路だけでなく脳の中でも

脳内麻薬物質(内因性オピオイド)

が活性化することで痛みを麻痺させます。

 

更に鍼灸を行う事で自律神経の

副交感神経が優位になります。

 

副交感神経の働きが良くなることで

血管が拡張します。

 

体に痛みやコリがある時は血管が

収縮して血流が悪くなっています。

 

副交感神経が働き血管を拡張すると

血流が良くなるので

痛みやコリが減ってきます。

 

このような作用によって

鍼灸は効果があるのです。

 

まとめ

・鍼灸の効果はWHO(世界保健機構)が認めている。

・鍼灸は痛みを抑制、血流を良くする、筋肉を緩める効果がある。

 

鍼灸院をお探しの方はお気軽にご相談下さい↓

 

全国優勝をサポートした

元市立船橋高校サッカー部のトレーナーがいる

五香あおぞら鍼灸整骨院

 

 

 

 

 

 

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・五香十字路そば いながきさん向かい

・駐車場2台有 

 

猫背、姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛みなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

Mail: aozora.aoc@gmail.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください