猫背と肩こりの原因!?脇の下のこりチェックとストレッチ


猫背や肩こりで脇の下に

はりやコリのある方は

脇の下が原因かもしれません

 

脇の下と猫背・肩こりの関係

 

 

 

 

 

脇の下には腰から続く筋肉と

肩甲骨の横からつく

筋肉があります。

 

デスクワークなどで同じ姿勢で

いると脇の下にある筋肉が

固くなります。

 

固くなった脇の下の筋肉は

長さが短くなり

肩を内側へ巻き込みます。

 

すると、

巻き肩になり猫背になります。

 

巻き肩は肩こりになりやすい

僧帽筋や肩甲挙筋という筋肉を

 

 

 

 

 

 

 

 

前へ引っ張るので肩こりに

なりやすくなります。

 

 

 

脇の下のこりチェック

バンザイ

 

 

 

 

 

➀バンザイします。

 

 

 

 

 

 

②どちらかの腕が耳につかないと脇の下の筋肉が固くなっています。どちらも耳につかない場合は両方の脇の下の筋肉が固くなっています。

 

お祈りポーズ

 

 

 

 

 

➀顔の前で両手と肘の内側をくっつけます。

 

 

 

 

 

 

②そのままくっつけた手と肘を離さないように肘を顔より上へ持っていきます。

 

 

 

 

 

 

肘が顔よりも上へ行かない方は脇の下の筋肉が固くなっています。

 

脇の下が固くなっていたら

次にご紹介するストレッチを

お試しください。

 

効果があれば、ストレッチした後に

腕が上がりやすくなります。

 

脇の下ストレッチ

➀壁の前に立ちます。

右手を顔よりも少し高い位置で左の肩の延長線上に置きます。

 

 

 

 

 

 

②おじぎしながら腰を右へ突き出して右の脇の下(赤い丸)を約30秒伸ばしていきます。呼吸は止めずにゆっくりと深呼吸しましょう。

 

 

 

 

 

 

③左側も右と同じ要領で約30秒伸ばします。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

・脇の下には背中、肩甲骨周りの筋肉がある。

・脇の下の筋肉がこると肩を内側へ巻き込んで猫背と肩こりをつくる。

・バンザイとお祈りポーズで脇の下の固さをチェック。

・脇の下をストレッチして猫背と肩こりにならないようにする。

肩こりの関連記事はこちら↓

・腕に貼る場所を変えるだけ!肩こりに低周波で効果を出す方法

・噛み締めると姿勢を崩して肩こりになる?

・肩こりに湿布は効かない?

・最近多い子供の肩こりを解消するのに必要なこと

・肩こりには鍼とマッサージどちらが効果的か?

・肩こりは手のしびれにもつながる

 

猫背と肩こりにお悩みの方はご相談下さい↓

姿勢の改善で症状の改善を目指す

五香あおぞら鍼灸整骨院

 

 

 

 

 

 

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・五香十字路そば いながきさん向かい

・駐車場2台有 

 

猫背、姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

・施術内容

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、肩こり矯正、噛み締め矯正、肩関節矯正、頚椎矯正

猫背、姿勢の悪さ、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛みなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

Mail: aozora.aoc@gmail.com

ホームページ:http://aozora-aoc.com


「猫背と肩こりの原因!?脇の下のこりチェックとストレッチ」への10件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください