巻き肩を自力で戻す為に必要なこと


巻き肩を自力で戻そうと思っても

なかなか戻せなくないですか?

 

自力で戻せない巻き肩は

戻しやすい身体づくりを

していく必要があります。

巻き肩を自力で戻せないワケ

巻き肩は

肩が内側に入る姿勢を

身体や脳が記憶して

そのままの状態になっているものです。

立ったまま細かい作業や

座ってデスクワークをしていると

肩が前に入る姿勢なので

巻き肩になりやすいのです。

ただ、巻き肩の方が

作業効率が上がるから

変化(進化?)している事も

考えられます。

という事は巻き肩の姿勢を

自力で戻していく為には

巻き肩をつくっている

環境を変化させるか

使い方を元の巻き肩でない位置へ

戻していく必要があります。

環境をすぐに変えて行くのは

なかなか難しいと思うので、

肩を後ろへ引きやすくする

方法をお伝えします。

巻き肩を後ろへ引きやすくする方法

後ろ重心にする

巻き肩と重心は

全く関係無いように

思われますが実は関係します。

試しに

立った状態で

前側重心になって

肩を丸めてみてください

次に、

後ろ重心(かかと重心)になって

肩を丸めてみてください。

前側重心の方が

肩を丸めやすくないですか?

重心を後ろにすると

肩を後ろに引きやすくなるので

まずは重心を後ろへしてみてください。

後ろ重心のつくり方は

こちらをご覧ください↓↓↓

http://aozora-aoc.com/blog/後ろ重心にすると猫背が治る!?/

背骨を反らす

背骨を後ろへ反らせた方が

後ろ重心をつくりやすくなり

肩を後ろへ引きやすくなります。

まず、バスタオルを畳んで

このようにクルクルと丸めます。

次に、

この丸めたタオルを

腰のくぼんだ所の

少し上に当てて

バンザイをして約2分間寝ます。

こうする事で

背骨を後ろへ反らしやすくなり

肩を後ろへ引きやすくなります。

他にも

手や腕を外側へ開きやすくすることで

巻き肩を軽減する方法もあります。↓↓↓

(http://aozora-aoc.com/blog/巻き肩を改善する大胸筋ストレッチの前に行うべき2つのストレッチ/)

人それぞれの使い方や環境があるので

一概にこれが良いとは言えません

いくつかの方法を試してみて

少しでも効果があったなと

感じるものは続けてみてください。

巻き肩でお困りの方はお気軽にご相談下さい↓↓↓

五香あおぞら鍼灸整骨院

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・五香十字路そば いながきさん向かい

・駐車場2台有 

猫背、姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

・施術内容

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、肩こり矯正、噛み締め矯正、肩関節矯正、頚椎矯正

猫背、姿勢の悪さ、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛み、膝、捻挫、肉離れなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

友だち追加

Mail: aozora.aoc@gmail.com

ホームページ:http://aozora-aoc.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください