巻き肩は胸を張るだけで解消しない?


胸を張ると巻き肩はひどくなる?

 

 

 

 

 

 

 

胸を張ると巻き肩が直るだろう

考えると思います。

 

確かに胸を張る事で肩の位置を

正しく覚えると言う意味では必要な

動作かもしれません。

 

しかし、

常に肩を後ろへ引こうと頑張っていると

広背筋という背中の筋肉が使われます。

 

広背筋は骨盤の上あたりから

腕の骨の内側にくっついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉は使っていると縮んでくるので

胸を張り続ける事で広背筋が使われると

腕の内側を引っ張るので

巻き肩の姿勢をつくり出してしまいます。

 

頑張って巻き肩を直そうと

無理に自分で胸を張り続けると巻き肩を

ヒドクしてしまうのです。

 

 

 

巻き肩を解消するには?

 

 

 

 

 

巻き肩を解消していくためには

巻き肩をつくる筋肉をストレッチ

する事と肩の正しい位置を

脳へ教育していくことが大切です。

 

※どのストレッチも無理のない範囲で行うようにしてください。

・胸の筋肉のストレッチ

➀肘を肩の高さまで上げて

腕の内側を壁や棚にくっつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②内側を当てた腕をそのまま固定して

肩を反対側の肩へ近づけるように

肩を前へ突き出すようにして胸の筋肉を

約30秒ストレッチします。

 

 

 

 

 

 

③胸の筋肉の伸びがあまり感じられない

場合は肘の位置を肩よりも

高くしたり、低くしてストレッチしてみて

伸びが一番感じられる位置で

胸の筋肉を伸ばしてみてください。

 

・広背筋のストレッチ

➀壁や棚の前に立ちます。

右手を左肩の前あたりの壁や棚へ置きます。

 

 

 

 

 

 

②置いた手を動かさないようにして右肩の

赤い丸のあたりが伸びるように右腰を

右横へ動かして約30秒ストレッチします。

 

 

 

 

 

 

③左側も同じように右肩の前あたりに手を置きます。

赤い丸あたりが伸びるように手は固定したまま

左腰を左横へ動かして約30秒ストレッチします。

 

 

 

 

 

 

・腕の筋肉のストレッチ

肘を伸ばして指を写真のようにつかんで

腕の内側を約30秒ストレッチします。

 

 

 

 

 

 

 

ストレッチして肩を後ろへ引きやすい

状態をつくる事で肩の正しい位置を

脳へ教育するために毎日朝昼晩の3回

ストレッチを続けてみてください。

 

まとめ

・胸を張ると広背筋が鍛えられて肩が巻かれて巻き肩がひどくなる。

・巻き肩を解消するには胸の筋肉、広背筋、腕の筋肉のストレッチする。

 

 

巻き肩の関連記事はこちら↓

・猫背と肩こりの原因!?脇の下のこりチェックとストレッチ

・巻き肩は手の冷えの原因にもなる

・巻き肩の腕周りをスッキリさせる方法

・巻き肩は寝方で改善する?

・腕が上がらないのは巻き肩が原因!?知っておくべき5つの原因

 

 

巻き肩でお悩みの方はお気軽にご相談下さい↓

姿勢の改善で症状の改善を目指す

五香あおぞら鍼灸整骨院

 

 

 

 

 

 

・新京成線、五香駅東口より徒歩4分

・五香十字路そば いながきさん向かい

・駐車場2台有 

 

猫背、姿勢の改善で身体の痛みや不調の改善を目指す施術を行います。

・施術内容

猫背矯正、鍼灸、骨盤矯正、肩こり矯正、噛み締め矯正、肩関節矯正、頚椎矯正

猫背、姿勢の悪さ、腰痛、首、肩こり、頭痛、背中の痛みなど

お気軽にご相談ください。

〒270-2213 

千葉県松戸市五香2-1-3 クロスロードビル1階    

Tel : 047-713-3279

Mail: aozora.aoc@gmail.com

ホームページ:http://aozora-aoc.com


「巻き肩は胸を張るだけで解消しない?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください