五香あおぞら鍼灸整骨院トップ画像

足首の痛み


足首の外側の痛み

足首内側

➀足首の外くるぶしのあたりが痛い

靭帯損傷

外くるぶしにつく靭帯を損傷している状態です。
外くるぶし周囲の腫れ、押した痛み、足首を動かしたときの痛みがあります。
靭帯の損傷がひどくなると断裂していたり、骨折をしている場合もありますので
痛みが強い、皮下出血(あざの様な色)が出てきた場合は医療機関で検査を受ける事をお勧めします。

➁かかとあたりが痛い

アキレス腱炎

スポーツなどにより足を使いすぎることで起きます。
歩行痛、押した痛み、朝の歩き始めの痛み、足首を動かしたときの痛みなどが特徴です。

足底筋膜炎

主に歩きすぎ、スポーツなど運動のし過ぎ、立ちっぱなしなどの使い過ぎにより起きます。
足の裏のかかと側に朝起きて足をついた時、歩き始め、つま先立ち、座っていて立ち上がる時の痛みが特徴で出ます。
症状がひどくなると足が付けなくなったりして、かかとの骨(踵骨)に骨のトゲ(骨棘)が出ることがあります。

➂足の外側の骨の出っ張りあたりが痛い

短腓骨筋腱炎

履き慣れない靴を履いた後、走った後、陸上、サッカーをやっている方に多く起きます。
足の外側の骨の出っ張りには短腓骨筋という筋肉の腱がついています。
この筋肉を使いすぎると炎症を起こし痛みが出ます。

Jones骨折

サッカーなどのターンやステップなどで足の外側に体重をかける負荷を繰り返すことで起きます。
徐々に痛みが強くなっていき歩けることがほとんどなので骨折に気がつかない事が多くありますので注意が必要です。
長い間足の外側の骨の出っ張りの上あたりが痛む場合は医療機関で検査が必要になります。


足首の内側の痛み

足首内側

➀内くるぶしあたりが痛い

靭帯損傷

内くるぶしにつく靭帯を損傷している状態です。
内くるぶしの腫れ、歩行痛、足首を動かしたときの痛み、ひどいと安静にしていても痛みが出ます。
靭帯の損傷がひどかったり、強い外力で痛めてしまった場合は骨折していることもあります。

➁内側の骨の出っ張りが痛い

有痛性外脛骨

足の舟状骨といわれる骨の内側に過剰に出てしまった骨のことです。
スポーツや運動により痛みが出ることで気づくこともありますが原因がなくても出てくることもあります。
扁平足になっているとおきやすいといわれています。
あまりに痛みが引かずにスポーツや運動に支障、日常生活にも支障が出るようだと手術する事もあります。

➂かかとが痛い

シーバー病(踵骨骨端症)

小学生ぐらいのスポーツや運動をする子供にみられます。
かかとの骨(踵骨)は、15〜16歳ぐらいまでは完全にくっついて大人の骨になっておらず
軟骨成分で衝撃に弱く硬いスパイクや、運動により筋肉や腱によって引っ張られて痛みが出てしまいます。

➃足の親指の裏側が痛い

種子骨障害

足の親指の裏側には種子骨という小さな骨があり腱の動きを良くしたり体重がかかる時にクッションの役割をしています。
ランニングや運動で使いすぎたり靴を変えて足の使い方が変わると痛みが出やすくなるといわれています。
歩くときや走る時の親指の蹴り出しやつま先立ちなどの痛み、押した痛み、腫れがでます。


五香あおぞら鍼灸整骨院

〒270-2213 千葉県松戸市五香2-1-3

新京成線 五香駅東口から徒歩4分

駐車場2台分あります

電話:047-713-3279

Copyright © 2015 · All Rights Reserved · 五香あおぞら鍼灸整骨院